5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルビレックス新潟 part166

855 :エルゴラ13節1/3:04/11/22 16:08:28 ID:Jzhm43Ui
よみがえった闘争心
新潟、新システム的中でFC東京を粉砕!
 膨らむ期待感。待ちに待ったビッグスワンへの帰還に奮い立ったのは、
スタンドのサポーターもピッチ上の選手たちも同じだった。
○反町監督、決断の新システム
 ここまでの公式戦4連敗中。しかも大量失点を重ね、まずは守備の整備が
急務となったFC東京戦において、新潟は[4-1-4-1]という新システムを採用
してきた。「シャルケ、レッチェ、バルサを意識して」と試合後には冗談を
飛ばした反町監督だが、FC東京のケリーとルーカスのたてのラインとサイド
攻撃の分断を狙った作戦である。
 それに対し「相手がウチのやり方に合わせてくるのは分かっていた」と
話した原監督。しかし攻撃では「結果を出したいあまり」(原監督)持ちすぎる
ケリーが再三ボールを失い、守備では「上野を怖がっていた」と原監督を嘆か
せたルーキー増嶋がやすやすと起点を作られることで、サイド攻撃や
カウンターを許す展開に。
 新潟は、反町監督が試合前に指示を飛ばした「相手より一歩速いプレー」が
随所に飛び出し、幾度となくFC東京ゴール前へと迫っていった。
○FC東京、専制直後の致命傷
 ところが、先制したのは意外にもFC東京であった。21分、左サイドから
戸田のサイドチェンジを受けた石川が切れ込み、マイナスのパス。そこに
走りこんだ三浦が右足でミドルシュートを叩き込む。FC東京らしいピッチを
広く使った攻撃に、選手たちの歓喜の輪が広がる。
 しかし1分後、その歓喜は落胆に変わる。左サイドを猛然と突破した
エジミウソンのクロスに体勢を崩しながらも飛び込んできたのは、「うまく
スペースに入ろうと思っていた」上野。左足で引っ掛けたボールがゴールへ
転がり、新潟が主導権を奪い返したのだ。スタジアムは俄然、興奮の
るつぼと化した。
 そして、スタンドのざわつきも収まらない26分、FC東京に致命的なミスが。
左CKのこぼれ球を拾った丸山の右クロスにGK土肥がパンチングミス。これに
反応した鈴木慎が上げた左クロスを松尾が頭で決め、新潟が逆転に成功。
FC東京は勝利への絶好の機会をわずか5分で手放し、心技体、すべてにおいて
新潟を上回ることなきまま前半を終えた。

230 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)